日給や時給の仕事を選ぶ時の注意点について

日給と最低賃金の確認方法

日給や時給の仕事を選ぶ時の注意点について 求人情報には様々な情報がありますが、当然最も気になるのが給与待遇になるのではないでしょうか。当然、給与は多い方が良いでしょうが、例えば、時間的な制約から近い勤務地にしか行けない、などといった制約条件によってその求人が合わない場合があります。仮に勤務地や勤務時間などの条件で求人を絞っていった結果、かなり安い日給の条件でしか働けない場合もあることでしょう。このとき、日給が最低賃金を下回っているかどうかを確認する方法はどのようにすれば良いのでしょうか。

日給における最低賃金の確認方法は、日給÷1日の所定労働時間で計算されます。1日の所定労働時間が分からないという場合は、雇用契約書あるいは就業規則などに記載されているので、そこで確認することができます。例えば、その地域の最低賃金が時給900円だったとしましょう。このとき日給が4、000円だったとしても、所定労働時間が4時間の場合は単位時間当たり1、000円のため、最低賃金を上回っています。一方で所定労働時間が8時間の場合は、単位時間当たり500円のため最低賃金を下回っています。この所定労働時間は求人情報には乗っていない場合がありますが、様々な算出条件に使われる値なので、応募の際には確認しておくようにしましょう。

関連サイト



Copyright(c) 2019 日給や時給の仕事を選ぶ時の注意点について All Rights Reserved.